滋賀県草津市 やそはち不動産の‶売るときも買うときもFP対策”相談会はじめました。

HOME | 不動産売買

その一歩を、待ちたい。
やそはちの不動産売却

大切な不動産の売却、パートナーとしてできること
 
2030年、私たちの暮らしは今よりもより豊かになっているでしょうか。より安心して暮らせる社会となっているでしょうか。世界的に見ても驚異的なスピードで進んでいる少子高齢化現象。2030年には人口の3分の1近くを65歳以上の高齢者を占める予想です。「人生100年時代」や「ライフプラン3.0」などと囁かれている現在、私たち自身の暮らし方を考え直すいい時期なのかもしれません。
img_1906.jpg img20180716171852115103.jpg img_1895.jpg img_0645.jpg img20180716172923388761.jpg

売却できる価格の提示

お客様本位の売却条件、進め方となっているか
 
最近インターネット上では「無料査定で高価売却」、「即現金買取」などの宣伝で、あたかも好条件での取引が可能かのような広告が多いように感じます。不動産の無料査定は手軽さ故、不動産会社の本心、適正な価格が見えないこともあるようです。実際には販売開始価格が高く設定し過ぎて売れず成約価格を下げる場合や、不動産会社の物件管理が行き届かない、成約まで時間がかかるといったケースがあります。
 より高く売却することは大事なことです。しかし、不動産には個性と時価、タイミング(流通性)があります。やそはちは近隣の成約事例や売り出し価格、土地の個性を見極め、「売却できる価格」を提示します。お客様によっては、高い売買価格を設定しゆっくり売却してきいたい人や、すぐに売却して整理したい人など様々ですが、やそはちはできる限りお客様の希望や都合を加味しつつ、早期売却のサポートに努めます。
 

 売却の理由は人それぞれ

やそはちは問題解決が仕事
 

1、実家の不動産を相続して、近々売却しようと考えているけど遠方で一向に進まない。
 
2、空き家になってしまい、管理していない家を処分しようかどうしようか悩んでいる。
 
3、いよいよ離婚となったが、土地建物の財産分与で揉めていて前に進まない。
 
4、近隣住民とトラブルを抱えている。内々で住み替えを進めたいが知られるのが怖い。
 
5、親が実家で一人暮らし。自宅を売却してケアホームへ転居を希望しているが、どうしたらいのかわからない。 etc...
 

やそはちは、不動産業を通じてお客様が抱える問題を迅速に解決することが仕事です。一期一会、お客様の人生の転機を応援したい、適正・公正な取引に務めます。


やそはち宅建士

あなたの右腕になれたなら
よしだまさのり

吉田 壮論

Yoshida Masanori

ちょっと味のある街の不動産屋として

不動産業に勤め始めるきっかけとなったのは2011年3月の東日本大震災がきっかでした。福島の街が地震や津波、原子力災害で被害を受ける中、「住まい」の情報提供、宅地の造成・供給を担う不動産会社の役割に責任と使命を感じ、今日まで私が一途に続けている仕事、それが不動産業です。
小さい不動産だからできることは、目先の報酬や利益に囚われず、お客様の利益と喜びを最大化させること。やそはちは街の不動産屋として、お客様の問題の解決をサポートします。

不動産売却のコラム

やそはちの仕事


[%category%]
[%new:new%] [%article_date_notime_dot%]

[%title%]

[%lead%]